てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

パニック障害の発作、ストレス、関西中心の活動グループ

発作を起こす病気はたくさんありますが、起こってしまった時にどう対応するのかが大切です。発作が起こる原因も自分で分かっていないといけません。心の病で辛い思いをしているのなら、周囲の協力も必要です。自分と向き合うことはとても怖いことです。簡単にできることではありません。心の病の一つに、パニック障害があります。ある日突然、急激な動悸、めまいに襲われ自分は死ぬのではないかという恐怖にかられます。何かのストレスによって起こる症状で、いつどこで起こるか分からない過呼吸発作です。発作が出るとその場に座り、10分程で落ち着いてくるので、それまで待ちます。外で発作が出てしまうと、外出するのが怖くなったり、外出先で、また発作が出るのではないかという恐怖がよみがえってきます。この症状を広場恐怖と言います。一度、過去に発作が出た場所に行くのが怖い、手が震えてくる、息苦しくなってきて外出することをやめてしまう、このような状態が続くとストレスにより負担が体にかかります。ストレスにより、眠れない、元気が出ないなど心の病から抜け出せなくなってしまいます。パニック障害は、心の病ですので、精神科や心療内科に受診すると良いです。はじめは不安もありますが、医師が処方する薬を飲みながら様子を見ていきます。医師は目を見て話を聞き、頷いてくれるので、とてもリラックスした雰囲気の中で話すことができます。関西ではこのようなパニック障害や、心の病を持った人たちと活動をしている自動グループもがあります。同じ苦しみを、持っている人は他にもいてるので、一人で悩まないで、心の病を抱える人が利用できる関西専用のチャットもあります。関西の中でもメンタルフレンドが集まる場所もあり、輪を広げられる空間でもあるので、動悸の数が減ってきた、外出ができるようになってきたなど少しでも良くなっていくために、利用することも良い方法です。