てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

脳疾患による部分痙攣などの発作

脳疾患による発作にも種類があります。脳は体のいろいろな部分に神経とともにつながっています。しかし脳に何らかの疾患があるような場合、それら神経をつかさどる部分に影響を及ぼして発作のような症状が現われます。
このような症状を部分痙攣といいます。軽いものでは目がピクピクを痙攣するような症状があります。まばたきをつかさどる部分に異常がある場合に発症します。
また顔が半分だけけいれんするような部分痙攣があります。原因としては脳への血管が圧迫されて起こることがあります。字を書くときなど手が震えてしまう部分痙攣などもあります。
脳疾患として代表的な病気にてんかんがあります。これは突然意識がなくなってしまう、全身が硬直してけいれんを起こしてしまう症状です。
これは脳の神経細胞になんらかの異常な興奮が伝わってしまうことでその制御ができなくなり発症してしまいます。てんかんの特長はこのような発作を繰り返し発症してしまう脳疾患なのです。
てんかんは脳炎、脳梗塞、脳出血や脳に強い衝撃を受けたような場合に起こることがありますが、中には原因がわからないものもあります。またてんかんは年齢によっても発作の内容が変わることがあり、高齢者の場合は言葉につまる、人の名前を言えないという症状もあります。
てんかん以外の脳疾患として、脳の組織に腫瘍ができると脳の一部が圧迫されるような感覚を受け、嘔吐や手足の部分痙攣を起こすことがあります。また脳の部分によっては手足が震えてしまうような症状も現れます。
このように発作が発生する部位や内容やその頻度によって疾患の内容がかわります。まず適切な診断を受けることが必要なので、発作や部分痙攣の内容を正確に医師に伝えておくことが必要です。