てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

発作における脳疾患の診断基準

発作とは本人の意思にとは関係なく突然何らかの症状を引き起こしてしまうものです。
これは脳が何らかの刺激や情報を受けると反応を起こそうとしますが、脳にはそれを抑えることができるようになっています。しかしその抑えがきかなくなることで発作を起こしてしまいます。
その一例としてはてんかんという症状があります。これは脳疾患であり大脳の神経細胞が異常な電気的興奮を引き起こして発症します。
このような脳疾患の発作の症状としては突然意識を失ってしまう、全身が硬直してしまいけいれんを起こしてしまうような症状になります。またてんかんのような脳疾患の場合はそれを繰り返してしまうという特長があります。
また同様な発作としては心因性のものがあります。これはてんかんに似ているのですが、脳疾患ではない発作にあたります。
心因性の場合はストレスなどが原因となっており、それらを脳が抑えることができずに意識を失ってしまったりけいれんといった発作を引き起こしてしまいます。
このような脳疾患と心因性の診断基準としてはまず脳に障害があったかどうかです。それはてんかんが脳の障害によって発病する場合があるためです。脳炎や脳梗塞、脳内出血などの脳に関わる病気や、頭に対する外傷があったような場合です。
もうひとつの診断基準は発作の状況です。心因性の場合に多く見られるのが首を規則的に横に振ったり、手首などを反復的にふるような症状があらわれます。また場合によっては睡眠状態のような症状もあらわれます。
てんかんなどの脳疾患と心因性の場合の診断基準はこのような違いで判断することになりますが、それらを併せ持っている場合もあるためきちんと医師により診断を行うことです。