てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

無理しないで発作を受け止めるためのブログ

通勤・通学での電車待ちの際、ふとした拍子に訪れるパニックの発作や狭心症。不安障害とも呼ばれるこの症状は、社会不安や脳への過度なストレスが原因で起こるものです。ストレスをため込みやすい人ほど、知らず知らずのうちに、症状を悪化させてしまうものです。そうして無理が転じて、うつ病へと事態を悪くさせてしまいます。

では、なぜストレスに飲み込まれてしまうのでしょうか。我々の暮らしの中で、失敗することがあります。むしろ、失敗を数えきれないほどあります。些細な失敗ほど、今度挽回すればいいやと考えていきます。ですが、細かい性格の方々にとってはそうはいきません。一度犯した失敗が、同じ場面に遭遇するたびに、フラッシュバックされます。そうすることで、頭ではわかっていても、体が無理といって拒否をします。その繰り返しで出来た傷が、発作という形でぶり返してくるのです。こういう症例をお持ちの方のブログで、赤裸々に書かれているのも見受けられます。ですが、時として個人の性格の問題と矮小化されてしまうのも事実です。苦しんでいる患者と健常者との隔たりが発作を起こす方々への配慮を遠ざけている原因でもあります。また、ブログで、ストレスに打ち勝たねばと書かれているのを参考にして、自分には無理だと後ずさりしてしまう方もいます。

解決方法として、薬物投与や精神カウンセリングがありますが、かえって自分は弱者なんだと考えて、塞ぎ込んでしまうことがあります。やはり、自分自身がストレスやパニックの原因を考えて、ブログに書き留める。そして、その現実を受け止める必要があるのではないか。冷たい意見だと思われても仕方ありません。ですが、助け合いを前提としたサービスを受けても、甘えが残るうえではあまり意味がないのではないでしょうか。