てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

子供が突然てんかん発作を起こしたら

てんかんは子供に多い病気の一つですが、難治性てんかんでない場合は、思春期まで発作を何回か繰り返しますが、その後自然と治します。脳の神経細胞が異常を起こす原因として、仮死分娩や低酸素分娩による脳障害や、子宮の中で脳の形成時に何らかの異常が起こることなどがあります。てんかん発作は急に発生することが多いですが、それ自体で命を落とすことは少ないので、数十秒長くても数分で治まります。周りの大人は落ち着いて子供の様子を見ます。もし道路や階段、川辺など危険な場所で発作を起こしたら、安全な場所に移動させることが重要です。家の中ではストーブなどの電化製品は、痙攣によるやけどや打撲を引き起こす恐れがあります。次に呼吸がしやすいように衣服のボタンを緩めます。気道を確保するには、下顎に手を当てた状態で上方に持ち上げることで、舌を噛んだり窒息したりするのを防ぎます。無理やり口の中にタオルを詰めたり指を入れたりすると、子供の口の中が傷つくので避けます。痙攣が治まったら、吐瀉物で窒息しないように体を横に向かせます。発作を起こしている時は、脳の中で電気信号が大量に行き交っているので、ゆっくり休ませると元に戻ります。意識が朦朧とした状態でフラフラと歩き出すことがありますが、危険物にぶつからないように見守ります。水や薬を与えると窒息の恐れがあるので、完全に回復するまで待ちます。多くの発作は救急車を呼ぶ必要がありません。ただし一回の痙攣発作が長時間続いたり、短い間隔で何度も繰り返したりする場合は、病院で医師の診察を受けます。また入浴中や学校のプールの授業で発作を起こした場合は、既に大量の水を飲んでいたら呼吸も止まっているため、救急車を呼びます。