てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

てんかん発作を起こす脳疾患、その基準は?

脳疾患で起こす発作と言って思い浮かぶのはてんかん発作が多いでしょう。てんかんは突発性てんかん、そして症候性てんかんの二つがあります。突発性てんかんは原因が不明であるが、生まれつきけいれん発作起こしやすい体質を持っているとされます。症候性てんかんは脳に疾患があったりして起こるてんかんです。脳に疾患があるとは、生まれつき脳に傷がついたという場合もありますし、後天性に何か病気になったという場合もあります。いずれにしてもてんかんの診断をするには脳波をはじめとする諸検査を受けて、基準に当てはまるとはっきりとした診断を下されることになります。しかしてんかんの場合はけいれんが起こった時でないと脳波の乱れが出ないという場合があります。けいれんが落ち着いてしまったら検査上何も異常がない場合もあるのです。そのような時にはすぐには診断ができないので、いろいろな基準を見ながら慎重に診断を付けて行くことになるでしょう。しかし基準に当てはまってけいれん発作がてんかんであるものだと診断されても心配する必要はありません。最近ではきちんと内服のコントロールを行うと症状が出ないままで普通の生活を送ることもできるようになるのです。またてんかんというだけで偏見の目もあるかもしれませんが、最近では内服のコントロールにより症状を抑え、学校生活や社会生活を送ることができるので、偏見の目もなくなって来ています。それよりも疑いがある場合には、いち早く専門医の診察を受け今後の治療などを相談していくことが大切なのです。内服だけでなく、外科的な治療で改善できるものは手術を選択する場合もあります。良い治療法を目指してともに歩んで行きましょう。