てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

てんかん発作で意識消失、完治は可能なのか?

子どもでけいれんを起こす病気と言えば、熱性けいれん、そしててんかんを思い浮かべる人が多いでしょう。熱性けいれんは良性のてんかん発作であり、大きくなるにつれそのけいれんの頻度も減っていきます。しかしてんかん発作の場合は、多くの場合は長い治療期間を必要とします。てんかんのけいれんは手足がピクピク動くような小発作から意識を消失してしまうような大発作まで様々な種類があります。また原因も突発性のものと症候性と言って、何か疾患が基盤になっているような場合もあるのです。てんかんがどのタイプに属するかは、けいれんのタイプ、そして脳波、そして脳の詳しい検査をしてみなければ確定診断を付けることはできません。またこの検査を行う場合は、意識がある場合には難しいことがあるので、乳児などの場合は、入眠剤を内服し、意識がない状態で検査をすることがあります。そしててんかんが診断されたら、主に薬物治療を行うことになります。薬物治療を行って発作をコントロールしていきますが、この時に、将来的に、感知できるものそして完治することはできないが、薬物を投与することで発作を抑え、日常生活を問題なく送ることができるもの、そして治療を行っても完治は望めず発作も起きるという3つの種類があります。難治性と診断されたものは完治することが難しいですが、現在は様々な薬が開発され、新しい治療の試みがされています。それらが将来的に内服できるようになれば、治療の効果を期待することができるようになります。また子供のうちではなく、大人になっててんかんを発症するということもあります。この場合には、小児よりも一般的に治療が困難であり、完治を目指すことが難しいといわれます。