てんかん発作とは突然意識を失ったりと発作を繰り返し起こしてしまう病気です。またてんかん発作の原因も人により、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発病する可能性があります。当サイトではてんかん発作の対処方法をご紹介していおります。

てんかんの発作を予防するビタミンB6は適度な摂取を

てんかんの主な症状は、意識を失って手足が硬直してしまったり、しびれやピリピリ感を感じたり、痙攣や引きつけなどがあります。

このてんかんと言う病気にも、色々なタイプがあり、生まれつき体がアミノ酸やビタミンを体内で利用できないことが原因となって発作が起こってしまうタイプもあります。

特に、ビタミンB6を体内でうまく利用できないために発作が起きてしまうようなケースには、その分を摂取することで、効果を期待できるとされています。
発作が起きる原因がこのビタミン不足だと判明した子供の患者の場合には、ビタミンB6を毎日25~50mg程度摂ると、代謝異常を解消してくれるようになるので改善が期待できます。

また、神経細胞の電気信号の伝達に必要なGABAを合成する働きを持つ補酵素であるために、神経細胞の興奮を抑える働きがあるのでてんかんの症状の鎮静作用があるとされています。

確かに、てんかんと診断された患者がビタミンB6の不足が原因だと分かって、栄養療法を行って積極的にB6を補うようにしたら、発作が治ったという症例もあります。

しかし、ビタミンの摂取が効果が期待できるかたといっても、過剰摂取になってしまうと返って摂り過ぎによる異常が起こってしまう場合もあります。
そのために、感覚麻痺や手足の痛み、皮膚の麻痺、てんかんならではの発作などが起きてしまうことにもなってしまっては本末転倒です。

ですから、ビタミンの摂取も自己判断での多量の摂取をしないように注意を喚起する必要があります。
そのためにも、きちんとした医師の指示を受けたうえで摂取していくことがとても重要だといえます。

てんかんの治療の中にも、ビタミン療法が行われているので、有益な効果があるのは認められているので、これが原因でおこっているてんかんの患者なら試してみる価値がある治療方法だといえます。